先日、70代をすぎた大変怖がりの患者さんの治療をしていました。

Brを2つ形成し型をとる予定だったのですが、治療の合間合間、大変お疲れになってるご様子でした。

私が、ちょっと席をはずし患者さんのところに戻ってみるとうちに就職希望で体験就業中のスタッフが、患者さんの肩をもんであげていました。

患者さんは、今まで私が見たことのない大変うっとりした表情で、笑って「ありがとう」と言っていました。

私もそうした気遣いに感心するとともに、スタッフに感謝の言葉を述べ、朝のミーティングのときに全員に報告し、これから患者さん応対のお手本にしようと述べました。

人の手のぬくもりって、言葉以上に何かを伝えてくれるものですよね。