通常の根管治療では良好な予後が見込めないときに、外科的歯内療法によって成功率が上がることがあります。

下記症例は、根尖部にのう胞ができた症例です。

その大きさに加え、補綴物が他院で製作された保険外の冠だったため、外科的な治療を選択しました。

のう胞摘出後、歯根端切除を行い、湿潤状態でも密閉性が高いMTAセメントを用いて逆根充しました。

根管治療
根管治療 歯痕端切除

治療には、個人差があり、すべての人でこのような経過を辿るものではないことをご了承ください。
基本的には保険適用ですが、治療内容によっては自費治療となります。

料金についてはこちらをご覧ください。

お問い合せは

masahi14@aqua.ocn.ne.jp

までご連絡ください。

▲症例集のTOPへ