原則的には、歯周病で失われた歯周組織(骨や歯根膜など)は再生できませんが、場合によって可能なことがあります。

初診時の診査により歯周組織再生治療が予定される場合は、歯周基本治療(初期治療)ではその部位のスケーリング・ルートプレーニングはしません。これは、歯肉退縮により歯周組織再生の場が失われるのを防ぐためです。

1. 33・34歯周組織再生治療

歯周組織再生治療

リエントリー

歯周組織再生治療 リエントリー

術前術後

術前術後

2. 21・23歯周組織再生治療

21・23歯周組織再生治療

21・23歯周組織再生治療

3. 23

エムドゲイン+骨移植、APF

治療には、個人差があり、すべての人でこのような経過を辿るものではないことをご了承ください。
基本的には保険適用ですが、治療内容によっては自費治療となります。

料金についてはこちらをご覧ください。

お問い合せは

masahi14@aqua.ocn.ne.jp

までご連絡ください。

▲症例集のTOPへ