初診時、17に歯髄に達する深部カリエスがありました。抜髄をして、根管治療をし、土台をいれて、冠を入れることはできますが、17を抜歯し、同部に18を萌出誘導することとしました。期間・費用でも大きく利益があるだけでなく、一度も削ったことのない歯と、根管治療をして冠にした歯とではその予後も大きく異なると思われます。

数年の経過観察が必要ですが、親知らずが生えようとしている時は、思い切った戦略的抜歯がより効果的なことがあります。

歯髄に達する深部カリエス

術前

戦略的抜歯

術後

戦略的抜歯後1年

治療には、個人差があり、すべての人でこのような経過を辿るものではないことをご了承ください。
基本的には保険適用ですが、治療内容によっては自費治療となります。

料金についてはこちらをご覧ください。

お問い合せは

masahi14@aqua.ocn.ne.jp

までご連絡ください。

▲症例集のTOPへ