お口を生涯、健康に保ち、よく食べ、よく話し、よく笑う生活をしたいと願う人々を専門的立場からサポートする山口歯科医院 予防・インプラントセンター
ブログ
  • HOME »
  • 研修医、研修歯科衛生士の日記

研修医、研修歯科衛生士の日記

見学歯科医師の感想

本日はお忙しい中、診療の合間を縫っていろいろ教えていただきありがとうございました。

聞いたり、見たりするだけでなく、実際やらして頂き、その場でチェックを受けることで、本当に出来ているのかがわかるので勉強になりました。

山口先生の診療中でも歯牙接触関係を分かりやすく教えて頂けたこと、また妥協しない診療姿勢、患者様への対応は本当に学ぶところが沢山ありました。

アンテリアストップ法、フェイスボートランスファーを明日からの診療に役立てて、教えて頂いた事を少しでも患者様に貢献できるようにしていきたいと思っております。

山口先生、山口歯科のスタッフのみなさま本日は本当にお世話になりました。

茨城歯科専門学校 3年 Y.Kさん

山口歯科にて2期目の実習をさせていただきました。

院長先生をはじめ歯科医師の先生、歯科衛生士さん、歯科助手兼受付さん一人一人が患者さんの幸せ、患者さんのQOL(生活の質)の向上に向けて日々絶え間ない努力を重ねている姿がとても印象的でした。

患者さんの幸せにつながるお口の健康維持・増進のため、担当歯科衛生士制で患者さん一人一人に向き合い、患者さんが望むもの、そしてさらにもう一つの望みに向けて患者さんと山口歯科スタッフさん全員が協力し合い、実際に多くの患者さんが望みを叶え、患者さんもスタッフのみなさんも笑顔になっている姿をたくさん見てきました。

歯科衛生士になることにばかり目を向けていた私にとって、自分がどんな歯科衛生士になって、どんな風に周りの方達(患者さんやスタッフ等)の為に働いていきたいのかという理想像が少しずつみえてきました。

今回の実習で歯科衛生士という仕事にさらに魅力を感じ、担当歯科衛生士制という働き方を学ぶことができました。また、患者さんを始め人の為に尽くす、利他の精神が今の私には必要だと気付かせていただきました。

自分のことで一杯一杯になりがちな今の私ですが、気持ちに余裕を持って、身近な事から周りの方達の為に動けるようになりたいです。

患者さんのために知識や技術を磨き、一緒に働くスタッフの為に一生懸命になれるような心のきれいな歯科衛生士になりたいと思いました。

短い間でしたが、たくさんの事を学び、たくさんの刺激を受け、とても実りある実習期間をすごすことができました。

山口歯科医院の皆さん、本当にありがとうございました。

2012/3/12-6/9 臨床見学 T.Tさん

私は4月17日~6月8日まで実習をさせていただきました。

Ⅲ期目の実習でしたが、初めて見るもの聞くことが多く、日々新たな事を学ばせていただきました。
山口歯科医院はスタッフの方々が笑顔で明るい方々ばかりなので医院内の雰囲気もよくまた、わからないことがあれば解りやすく丁寧に教えてくださるので、毎日の実習が楽しく過ごすことができました。

そして、山口歯科医院で魅力的に思ったことがありそれは、患者さん一人ひとりに担当の歯科衛生士がつき、治療計画をDrと歯科衛生士が話し合いながら患者さんそれぞれに合った口腔ケアを考え、治療をすすめていくというスタイルです。

患者さんの立場からみても担当の歯科衛生士がいて、自分の口腔内を初診時から見ていただきわかってもらえているというのは安心であり、これからの治療に関しても相談しやすいのではないかと思います。
また、幼い子供は治療に対する不安が大きいので、慣れ親しんだ担当の歯科衛生士がいると安心でき、治療もスムーズにすすむのではないかと思いました。

今回、山口歯科医院で実習をさせていただき、今後自分が目指す歯科衛生士像をみつけることができたと思います。残りの実習期間でよりたくさんのことを学び、素敵な歯科衛生士になれるよう頑張りたいと思います。
約2ヵ月間ありがとうございました。

2012/1/11-3/9 臨床見学 U.Kさん

1月11日から3月9日までの約2ヶ月間、臨床施設としてお世話になり短い間でしたが本当に内容の濃い時間を過ごすことが出来ました。

まず最初に、担当 衛生士制という制度にとても魅力を感じました。担当の患者さんを受け持ち、長期に綿って観察していくことは、専門的口腔ケアが求められているこの時代で虫歯や歯周病の予防だけでなく、全身の健康を守るためにとても大切だと思いました。

山口歯科医院では、衛生士の徹底したプロフェッショナルケアにより、患者さんのお口の健康が守られます。ケアを疎かにすることなく、一切妥協しないからこそ患者さん自身も意識が高まりより良い治療効果が得られるのだと思いました。

また様々な学会や勉強会に参加し、日々新しい技術や知識を習得し、向上しようとする先生や衛生士さんを見て、これこそ本当にあるべき医療従事者の姿だと感じました。もちろん、診療補助も大切な業務の1つですが、衛生士が積極的に主力となり口腔衛生の向上を図ることが患者さんの喜びにも繋がるのだと思います。

これから、私自身様々な臨床に出てたくさんの知識を習得しますがここで学んだように、何事にも妥協しない、質の高い衛生士になれるよう日々努力を惜しまず頑張っていきたいと思います。

2011.08.02 PMTC

衛生士が行う専門的歯面清掃の講習を受けました。

講師は、‘予防の父’アクセルソン教授のもとで研修を積んだ衛生士さんでした。

普段からPMTCはしていましたが、使っているゴムのブラシの柔らかさや回転数を少し変えるだけでずいぶん能率が違うということに驚いています。

最後に、「トリートメント」がとても気持ちがいいということで、うちでも早速必要な器具を購入しました。

皆さんの治療や定期健診の中に取り入れていくのを楽しみにしていてください♪

歯面清掃の講習1 歯面清掃の講習2

歯面清掃の講習3 2011.08.02 PMTC

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ